Home » 犬の気持ち、習性 » 犬が自分の足を舐める理由
犬のしつけと幸せ

犬が自分の足を舐める理由

犬が自分の足を舐める行為について説明します。

犬が自分の足をぺろぺろと舐める行動をみたことがありませんか。
ただ単に毛づくろいやかゆみのため、ときどき舐めることもあるでしょう。

しかし、1日中ずっと舐め続けていると気になると思います。

そのうち皮膚がただれ、血が出るまでなめているのであれば、さすがにほうっておけません。

ですので、まずすることは、犬が足を舐めていたら、足の様子をチェックしてみてください。
とくに、一部だけ舐めているのであれば、なおさらです。

皮膚病にかかっている可能性もあります。

ですので、足を舐めるのは
痛みやかゆみで、気になってなめている場合があります。

足の様子を細かくチェックして異常を確認してみてください。
わかりにくければ、一度、獣医師に見てもらうといいでしょう。

もしそれでも異常が見つからなければ、ストレスが原因と考えられます。
犬が何かしら不安を抱え始めている証拠です。

たいてい、犬が自分の足を舐めるのは、ストレスである場合が多いです。

人間が指をしゃぶっているのと同じです。
幼い子どもが、自分の指をぺろぺろとしゃぶっている光景を見たことがあると思います。

自分の指を舐めることで心の不安など紛らわせ、
自分で自分をなぐさめたりいたわったりしようとしているのです。

親からの愛情が乏しかったり、親からの待遇が厳しすぎたりすると、
子どもは甘える対象がいないので、自分で自分の指を舐めていたわろうとします。

犬も同様です。

飼い主からの愛情が乏しかったり、
逆に飼い主から厳しい待遇を受けすぎていたりすると、不安を感じます。

甘える対象がいないので、
仕方なく自分で自分の足をぺろぺろと舐めて自分をいたわろうとするのです。

ですので、
犬と接している時間が短すぎかもしれません。

逆に、連日しつけに力が入りすぎて、厳しく接しすぎていませんか。
なにかつらいおしおきを与えていませんか。

意外なところで、退屈もストレスの原因になります。
何もすることがないのは、虚無感によってストレスをためやすくなるのです。

足の裏の毛が伸びすぎて気持ち悪い時や
爪が伸びすぎて邪魔になる時などにもストレスを感じます。

また、散歩から帰ったら、大して汚れていなくても毎日足を洗っている方もよくいます。
アレルギーや暇つぶしで足を舐める犬もいますが、

よく聞いてみると毎日足を洗っている為、
指の間が常に湿った状態になり指間皮膚炎になっている犬もいます。

イギリスでは腸内寄生虫を退治した為に
花粉症などのアレルギーが増えたというのも事実のようです。

重度のアトピー性皮膚炎は無理にしても、
軽度のアレルギーでは寄生虫を「飼う」ことでよくなるのかもしれないですね。

まあ、何でも過剰に清潔にすることはあまり良くないのでしょう。

犬が自分の足を舐めたときにすること

・犬の足の様子をチェックしましょう。
(あまりにもずっと舐めているのであれば、獣医師にみせましょう)

・犬と遊んでいるか見直してみましょう。

散歩をしたり、外に出てボール遊びやフライングディスクなどをしたりして
接する機会を増やしていれば、犬が足を舐めるのは自然とおさまってくるはずです。



犬のしつけを本気で考えているあなたへ





犬のしつけを考えている、つまり、
飼い主としての犬のことを愛しているあなたのことですから、

ただ愛犬の「問題行動がなくなればいい」と自分勝手な考えは思っていないでしょう。

犬のしつけ教材はたくさん出回っていますが、
犬の問題行動をなくせればいいという教材が多いのが事実です。

そんな中、お勧めできる犬のしつけ教材があります。
それは、「森田流犬のしつけ」です。

森田流犬のしつけでは、ただ単に犬の問題行動をなくす方法ではなく、
愛犬が飼い主であるあなたを信頼して従うようになる「心」の関係を築く方法です。

このしつけ方法では、「人の愛情に喜んで従いたい」という愛犬の心理を育てていくのです。

ですので、犬が嫌々従うのではなく、喜んで従い、
深い深い信頼関係を築くことができる教材です。

愛がたっぷり詰め込まれた教材です。


⇒ 森田流犬のしつけ法のレビューはこちら





もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ



無料メルマガのご案内


最新の犬のしつけ方法をはじめ、犬のしつけのコツやポイントなど体験談を交えて配信しています。

すぐに実践できるしつけ方法や犬との上手な関係作りなどなど!
また、サイト内では公開していない、犬のしつけの裏話等もールマガジンで公開しています^^

                        



Copyright(c) 2012-2014 犬のしつけと幸せNAVI All Rights Reserved.