犬のしつけと幸せ

犬の食糞のしつけ方法

食糞は飼い主にとってはあまり良い気がしませんよね。
いろいろな食糞のしつけ方法があるなか、100%食糞をさせなくする方法も…

食糞には自分自身の糞を食べる場合と
草食動物の糞など他の動物の糞を食べる場合があります。

文化の違う犬と人間が共存する以上、食糞は問題行動として取り上げられますが、
健康な動物のウンチを食べることは犬にとって「ノークレーム・ノーリターン」。

つまり、医学上大きな問題となることはありません。
しかし、寄生虫に感染した動物のウンチを摂取した場合は別です。

何らかの問題が出ることは言うまでもありません。
ですが、自分自身の糞を食べるケースのほうが多いですね。

「アッ!」と思った時にはすでにウンチは消えていた・・・
という経験をした時には本当に驚きでしょう。

しかし、原因に関しては様々なことをいわれていますが、
正直なところ誰も犬になったことがないのでわかりません。

栄養不足や欲求不満などいろいろ言われています。
一つはっきり言えることは、「食事がたりない」ということは当てはまりません。

なぜ、食糞するのか様々な仮説があります。
一般的に子犬が糞を食べることは自然の現象です。

しかし成犬が糞を食べる理由を理解することは非常に難しいです。
人間でも強迫神経障害など精神的な病気の症状として
食糞することが証明されていますが、犬でも同様の可能性があると言われています。

狼は草食動物である牛などの糞を摂取して
不足しがちな栄養成分を補完していたのです。

本来、母犬は子犬の肛門を舐めることにより排便を促し、
また、巣を清潔に保つため、あるいは捕食動物からの攻撃を防ぐため
臭いを消すために排泄物を食べます。

子犬は母親から教わった行動を学習し食糞するようになりますが、
多くは乳離れするころには止まります。

その他よく言われる仮説は、

・ウンチを食べると飼い主が騒ぐのでうれしくて糞を食べるのではないか説
・1つの集団で立場の優位な犬の糞を食べることは服従的行為となるから糞を食べる説
・1日1~2回の食餌であまりにも空腹のため糞を食べて「自給自足」で補完しているのではないか説
・ビタミン(K,B)の不足を補うための「リサイクル」説

など、数多くの仮説があります。

やめさせるためには、何をすればいいかというと、正直、わからないです。
原因が解明されていないことに対し、
こうしろ、ああしろというのは、犬の本能を無視することにもなりかねません。

ですが、
基本的には、「時間が解決する」という風に思ってください。
ですので、せっせと片づけることしかありません。
また、あまり神経質になる必要もありません。

やはり素早く糞を処理し犬が食糞する機会をなくすことも大事だと思います。
また食糞した犬を「現行犯逮捕」して、
「鼻を床に押し付ける」という古典的なしつけ方法で教育しても
「うんちを食べると遊んでもらえる」という回路が犬の脳内で発生し、食糞を助長する可能性があります。

一般的に「罪」と「罰」が一致していれば問題ありませんが
「ウンチを食べた罰」と犬に理解させることは困難です。

ですから例え犯行現場に遭遇しても直ぐ逮捕するより
犯行を「無視」し、次回から何も言わず糞を迅速に処理するほうがスマートかもしれません。

食べたくない糞にしてしまう方法

科学的な裏づけはありませんが、仮に吸収不良が原因で食糞をしている場合、
フードに食肉軟化剤や消化酵素を「トッピング」する作戦は
タンパク質消化の一助となり役立つかもしれません。

有効性は立証されていませんがパパイア、パイナップル、キウイ、
メロン、ヨーグルト、カッテージチーズの「トッピング」で
糞自体の味や臭いを悪くして食べることを思いとどませる作戦を推奨する獣医師もいます。

より攻撃的なアプローチとして糞自体に刺激性のある
タバスコ、ビターアップル、マスタード、コショウあるいはトウガラシを
「トッピング」することを勧める獣医師もいますが、

「トッピング」されていない糞は食べてしまうという問題に発展する可能性が出てきます。
ここまでは、参考までにしてください。
でも、中には、本当に悩んでいる人もいるかもしれません。

そして、実は、
1つだけ、食糞を防ぐ方法があるんです。
しかも100%防げます

それは何かと言いますと、
犬に口輪をすることです。

「あーやっぱり」
と思いましたか?

期待させてしまったのであればすみません。

例え飼い主さんが留守の時でもこの方法は有効的です。
でも「ウンチ」を食べない代わりに「ランチ」も食べられないのという問題もあります^^;

まあ、ご飯のときだけ外せば良いのですが。

現時点では犬が食糞する原因とメカニズムが解明されていませんので、
食糞するすべての犬に100%の効果が期待できる治療方法は残念ながらありません。

いくつかの方法を試しているうちに気が付いた頃には
「時間が解決」して止まっているのが実際かもしれません。

  



犬のしつけを本気で考えているあなたへ





犬のしつけを考えている、つまり、
飼い主としての犬のことを愛しているあなたのことですから、

ただ愛犬の「問題行動がなくなればいい」と自分勝手な考えは思っていないでしょう。

犬のしつけ教材はたくさん出回っていますが、
犬の問題行動をなくせればいいという教材が多いのが事実です。

そんな中、お勧めできる犬のしつけ教材があります。
それは、「森田流犬のしつけ」です。

森田流犬のしつけでは、ただ単に犬の問題行動をなくす方法ではなく、
愛犬が飼い主であるあなたを信頼して従うようになる「心」の関係を築く方法です。

このしつけ方法では、「人の愛情に喜んで従いたい」という愛犬の心理を育てていくのです。

ですので、犬が嫌々従うのではなく、喜んで従い、
深い深い信頼関係を築くことができる教材です。

愛がたっぷり詰め込まれた教材です。


⇒ 森田流犬のしつけ法のレビューはこちら





もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ



無料メルマガのご案内


最新の犬のしつけ方法をはじめ、
犬のしつけのコツやポイントなど体験談を交えて配信しています。

すぐに実践できるしつけ方法や犬との上手な関係作りなどなど!
また、サイト内では公開していない、犬のしつけの裏話等もールマガジンで公開しています^^

                        



サブコンテンツ

このページの先頭へ